子どもの遊びも男女で違う理由に脳科学

子どもを見ていると、男の子と女の子の遊びでもこんなにの違いが出るのは何故なんだろう、と疑問に思ったことはありませんか。
多くの男の子は、車のおもちゃやロボットなどで遊びます。一方、女の子はお人形遊びやお菓子に関する遊びを選ぶことが多いと思います。男の子に女の子の遊びをさせようとしてもなかなか楽しんではくれないと思います。

ウチの子も、上のお兄ちゃんはトミカが大好きで飛行機や電話のおもちゃ、レゴでよく遊び、妹ちゃんがリカちゃん人形や今流行のメイクなどが出来るお人形さんで遊び、それぞれが独自の世界で遊んでいます。お人形もお兄ちゃんの世界に入ると戦わせられる戦闘要員になったり、妹の世界に電車が行けば、お人形さんたちのドライブの為の車に変わったりします。

しかし、どうして子どもの性別でここまでハッキリ遊び方が変わるのでしょうか。もちろん親の固定概念や生活環境で様々なのでしょうが、元々の素質やDNAによるものなのでしょうか?

色々と調べてみると、面白いデータを見つけましたので、今回は脳科学の見地でこの謎が明らかにしていきたいと思います!

周りの大人の影響?生物的な差?

聖徳大学・児童学部の相良順子先生によると、原因を『心理学ワールド』という名で説明してくれています。その原因は2つあり

1つの説明は、「周りの大人の働きかけによるもの」だそうです。

私たちが住むこの社会では、昔に比べれば緩和されつつあるものの、車や電車で遊ぶことを“男らしい”とし、お人形さんで遊ぶことが“女らしい”と考えられているので、男の子であれば車や電車で遊んでいればそれが促進され、女の子であれば、人形で遊んでいることが周囲から促進されるということになります」と仰っています。

確かに、男の子には車のおもちゃなどを買い与えたり、トイザらスに行っても男の子コーナーと女の子コーナーが既にあり、外因として働きかけはきっとあると思います。

もう1つの説明は「男の子と女の子の生物的な差によるものだというもの」だそうです。これはホルモンや脳の構造上の違いから説明する立場です。1歳の乳児に人の顔や車の映像を見せると、男児は女児より車を、女児は男児より人の顔を見る時間が長かったという報告(Lutchmaya & Baron-Cohen,2002)があり、かなり早期の段階から、ものへの興味の示し方に男女差があるようです。

さらに、先天性副腎過形成のために胎児期に過剰にアンドロゲン(男性ホルモン)を浴びた女児が、男児のような遊びの好みを示すケースが多いなどという報告から、生物学的な要因も関係していると考えられます」とありました。

好みにはホルモンが影響している、というのも何だか納得できますね。

また、男女で右脳と左脳の大きさが違うことが原因とも言われています。

阿部メディカルクリニック院長で医学博士の阿部聡先生の著書『「イライラ脳」の人たち』によると「男の子と女の子は脳の性能が違うので楽しんで遊べるものも違う」と書かれています。
先生の解説によれば、脳の性差は、母親のお腹の中にいる胎児の頃から始まっているのだそうです。母体にいるとき、胎児は脳の左半球の成長を遅くするテストステロンをたくさん浴びます。この時に、男の子は女の子と違って自分でテストステロンを出すのだそうです。そのため男の子は左脳があまり発達せず、逆に女の子は男の子より左脳が発達しやすいのだそうです。左脳には、話すために必要な言語中枢がありますよね。よって女の子は、言葉のための脳が男の子より成長して生まれる、というわけです。阿部先生いわく、そのため女の子はお人形遊び、お買いものごっこ、おままごとといった言葉に関する遊びが得意になりやすいのだろう、とあります。

一方、男の子は、ミニカーや電車のおもちゃだで黙々と遊べる言葉のいらない遊びをしやすいのだそうです。
まだまだ解明されていない人間の深い話ですね。脳科学はこんなことまでわかってしまうんあんんて。また、本書では、女性が男性にイライラしてしまうのも、脳が違うからだと書かれていました。

娘の将来を考えるなら人形遊びはやめた方がいいと『フォーブス』

少し前に発刊されていた経済紙『フォーブス』によると、「社会的に成功する女性にしたいなら、女の子らしさを追い求めた育て方はよくない」と発表しています。
これはつまり、あなたは普段、娘の”女の子らしさ”ばかり気にしていませんか?誰しも自分の娘はかわいいものだし、親としては自分が叶わなかった夢や願いを託してしまいがちです。ここについては別記事で、「親と子の責任」にて言及していますが、先ずを持って、将来のことまで考えて育てた方が、幸せにつながりやすいはず。

具体的に『フォーブス』では、以下の様な育て方が良くないと提言しています。
NG項目は7つありましたが以下に印象に残った3つを挙げます。

(1)女の子用のおもちゃを与えること
(2)「かわいい」と褒めること
(3)お姫様になるよう洗脳すること

どの項目も、誰もがやっているようなことと思います。
実際に「あなたはプリンセスになって素敵な王子様と結婚してそれが絶対的な幸せなのよ」とはっきりと自分の子どもの言う親はいないでしょうが、前述のとおり、親の見えない影響力によってしっかりと偏向されていくのだ、と述べています。

例えば、娘の前で「ダイエットをしている」「痩せなきゃいけない」というような発言があったとします。「女性の外見はこうあるべき」という考えを知らないうちに植え付けてしまうからです。実際、アメリカでは子どもの頃から美少女コンテストが存在し、多くの親たちが子どもをコンテストに出場させ、自分の子供をスターにしたいと願っています。そして企業から発売されているおもちゃの31%は、ドレスやお化粧道具などの“女性の外見”に関するものがほとんど。人に嫌われない身だしなみ大切ですが、外見の遊び、表面だけの美しさだけでは知的好奇心の刺激にならず、将来のために良くないとあります。その回避方法には、店舗ではバービー人形の通路は歩くのを避けるようにしてください、とありましたがこれは実際どうなんでしょうか。

ともあれ、外見ばかり褒めれば、必然的に外見ばかり気にする女性になっていくでしょう。人間の価値は中身です。中身を磨かないと、”自分らしく生きるためのお金”を稼ぐことも難しくなるとあります。子どもの幼少期は特に”親の教え”が絶対的であってものすごい影響力を与えます。「女性は外見が全て」と錯覚するようなことを教え込めば、ずっと「女性は美しい外見さえあれば生きていける」などと思ってしまうかもしれません。学術、スポーツ、音楽など、様々な分野で女性が輝ける場はまだまだあるのです。外見だけの女性に将来なってしまったら、異性から愛されても同性からは嫌われてしまいます。そのせいで娘が生きにくくなることは、親として責任をもって避けねばならないとありました。

では、人形などの”女の子用のおもちゃ”を避けたら、何で遊ばせるのが良いのか?の問いに『フォーブス』は、「将来優秀な会社員やリーダーになるために必要なのは、探究心や競争心、発明、問題解決に対する意欲をかきたてるもの」と報じています。

実際、この文からすれば、「将来優秀な会社員やリーダーになる」ことの選択肢があることが女の子の幸せに繋がる、そうですが人生は様々であり、本人たちの幸せの概念は計り知ることが出来ないでしょう。この『フォーブス』もまた、固定概念にならないと良いですね。

さて、その概念は於いておき、子どもの幸せを考えるなら、科学的な発見や冒険心を刺激するようなゲーム類を選んであげることは脳科学的にも教育的にも良さそうです。
となると、オススメはレゴでしょうか。

子どもの最高の遊び|レゴ(LEGO)

レゴ(LEGO)ブロックはお父さんの世代から子供の世代まで誰でも楽しめるポピュラーな遊びの一つです。

レゴ(LEGO)は、デンマークの玩具会社で、プラスチック製の組み立てブロックの玩具です。1934年に「よく遊べ」を意味するデンマーク語”Leg Godt”から社名をLEGOとしています。最初は木製玩具を作っていたが、1949年からプラスチック製玩具を作り始めています。

色とりどりのブロックを組み合わせて自動車や飛行機を自分で組み立てた記憶を皆さんお持ちではないでしょうか。この四角のブロックの組み合わせだけでは、妥協せざるを得ない限界があって、その制約こそがブロックならではの面白みだと感じる人も多いかと思います。

現在、世界中で遊びはもちろん、教育分野にも教材として取り扱われ、将来のために今築く力を養うとしてレゴスクールまで開校しています。日本においても全国にて18箇所もレゴスクールが設立されています。将来に備えた教育プログラムを軸に、子どもたちの学びを引き出す様々なレッスンを行っています。
レゴスクールの理念のこうあります。

lego-ht

 

“人はみな生まれながらに、自分のことや、自分の住む世界のことを知りたいという強い思いをもっています。この好奇心が、生涯を通しての学びの原動力となっていくのです。
子どもたちにとって、発見すること、探検することはごく自然であり、これが物事を理解する助けとなります。今日の私たちの課題は、こうした子どもたちの欲求にいかに応えるかということです。子どもたちが生まれつき持っている探究心を育てることは、学校においてのみならず、その後の人生において、つまり社会の一員となったときに重要になってきます。”

子どもたちが何気ない遊びの中で常に新しい何か発見をしています。遊びには子どもたちの好奇心や探究心をかき立てる無限の可能性があり、こうした遊びの中で子どもたちは多くの知識を自然に体験し学び成長していくのだと思います。そして、この「遊び」の中で感じる“楽しい”“面白い”という気持ちこそが、自発的な学びを促すのでしょう。

lego-logo

 

そんな中、大人限定のレゴ教室に人気が殺到しているとの情報が…。

大人限定のレゴ教室に人気が殺到中

実はレゴブロック初心者の大人を対象とした催し物が全国あちらこちらで開催されていいます。
簡単に調べてみただけでも結構な数でした。

東京都・お台場で開催された「大人のレゴ教室」は、チケットが1時間半で売り切れるなどの大反響だそうで、金曜日の19:30開始時刻ともあり、仕事終わりに立ち寄れる時間設定がたいへん人気なのだそうでう。
そんんわ訳で、チケットは毎回即完売する、ひそかな人気「大人のレゴ教室」に潜入してきました。

前面には大きなモニターが設置されており、教えてくれる人の手元が見えるようになっていてわかりやすい工夫がされています。専門講師が基本的な知識から優しく丁寧に教えてくれます。

lego-mamechishiki

ただ積み上げるだけではないテクニックや、豆知識も同時に語られ、レゴに対する興味がグッと高まり、レゴブロックの魅力を再発見できます。なお、製作時間となると、各自が一斉に作業に取り掛かり、信じられないくらい教室は静まり返ります。。カチャカチャという音だけが鳴り響く不思議な感じでした。

なお、レゴ職人には、「マスター・ビルダー」という称号があるそうで、マスター・ビルダーは、世界中でたった10人しかいないという極めて狭き門なのだそうです。マスター・ビルダーになるには、制限時間内に与えられた課題を制作するコンテストを勝ち抜く必要があり、例えば、テーマを「動物」とし、制限時間が15分以内の条件下で制作された作品で判断されます。用意されたブロックのみで作るため、想像以上に難易度は高いそうで、日本では、男性と女性一名ずつでいるそうで、女性は世界初のマスター・ビルダーだそうです。

lego-school

レゴを題材にしたテレビゲーム

「スター・ウォーズ・シリーズ」
「インディ・ジョーンズ シリーズ」
「バットマン」

おなじみのキャラクターがレゴブロックになっただけではなく、アクションや映画の名シーンを忠実に再現している。「レゴ」の世界観で、子供から大人まで誰にでも簡単に楽しめる内容となっていて、イギリスのゲームメーカーのTTゲームズ(Traveller’s Tales)が開発し、エレクトロニック・アーツやアクティビジョン、近年ではワーナー・ブラザーズが販売しています。
・レゴ スター・ウォーズシリーズ

「レゴ スター・ウォーズ THE VIDEO GAME」(2005年7月7日発売)
「レゴ スター・ウォーズII THE ORIGINAL TRILOGY」(2006年11月2日発売)
「レゴ スター・ウォーズ THE COMPLETE SAGA」(2008年3月27日発売)
「Lego Star Wars III: The Clone Wars」(2011年、日本語版未発売)

・レゴ インディ・ジョーンズ
「レゴ インディ・ジョーンズ」(2008年、日本語版発売中止)
「Lego Indiana Jones 2: The Adventure Continues」(2009年、日本語版未発売)

・レゴ バットマン
「レゴ バットマン THE VIDEO GAME」(2008年12月18日発売)
「レゴ バットマン2 DCスーパーヒーロー」(2012年)
「LEGO バットマン3 ザ・ゲーム ゴッサムから宇宙へ」(2015年4月2日発売)

・レゴ ハリー・ポッター
「レゴ ハリー・ポッター 第1章-第4章」(2011年4月21日発売)
「Lego Harry Potter: Years 5?7」(2011年・2012年、日本語版未発売)

・レゴシティ
「レゴシティ アンダーカバー」(2013年7月25日発売)
「レゴシティ アンダーカバー チェイス ビギンズ」(2015年3月5日発売)

・その他
「レゴ パイレーツ・オブ・カリビアン THE VIDEO GAME」(2011年、日本語版未発売)
「レゴ ロード・オブ・ザ・リング THE VIDEO GAME」(2012年、日本語版未発売)
「LEGO ムービー ザ・ゲーム」(2014年11月6日発売)
「LEGO マーベル スーパー・ヒーローズ ザ・ゲーム」(2015年1月22日発売)
「レゴ ジュラシック・ワールド」(2015年6月発売)

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • 当サイトについて

    ようこそ。LEGOを組み立て続けて数十年。体中LEGOだらけの私がLEGOの良いところや新たに取り組んでいる教育について紹介しています。レゴを題材にしたテレビゲームもたくさんありますよ。
  • ↑ PAGE TOP