子どもの最高の遊び|レゴ(LEGO)

レゴ(LEGO)ブロックはお父さんの世代から子供の世代まで誰でも楽しめるポピュラーな遊びの一つです。レゴ(LEGO)は、デンマークの玩具会社で、プラスチック製の組み立てブロックの玩具です。1934年に「よく遊べ」を意味するデンマーク語”Leg Godt”から社名をLEGOとしています。最初は木製玩具を作っていたが、1949年からプラスチック製玩具を作り始めています。
色とりどりのブロックを組み合わせて自動車や飛行機を自分で組み立てた記憶を皆さんお持ちではないでしょうか。この四角のブロックの組み合わせだけでは、妥協せざるを得ない限界があって、その制約こそがブロックならではの面白みだと感じる人も多いかと思います。

現在、世界中で遊びはもちろん、教育分野にも教材として取り扱われ、将来のために今築く力を養うとしてレゴスクールまで開校しています。日本においても全国にて18箇所もレゴスクールが設立されています。将来に備えた教育プログラムを軸に、子どもたちの学びを引き出す様々なレッスンを行っています。
レゴスクールの理念のこうあります。

lego-ht

”人はみな生まれながらに、自分のことや、自分の住む世界のことを知りたいという強い思いをもっています。この好奇心が、生涯を通しての学びの原動力となっていくのです。
子どもたちにとって、発見すること、探検することはごく自然であり、これが物事を理解する助けとなります。今日の私たちの課題は、こうした子どもたちの欲求にいかに応えるかということです。子どもたちが生まれつき持っている探究心を育てることは、学校においてのみならず、その後の人生において、つまり社会の一員となったときに重要になってきます。”

子どもたちが何気ない遊びの中で常に新しい何か発見をしています。遊びには子どもたちの好奇心や探究心をかき立てる無限の可能性があり、こうした遊びの中で子どもたちは多くの知識を自然に体験し学び成長していくのだと思います。そして、この「遊び」の中で感じる“楽しい”“面白い”という気持ちこそが、自発的な学びを促すのでしょう。

lego-logo

そんな中、大人限定のレゴ教室に人気が殺到しているとの情報が…。

↑ PAGE TOP